作業員

ウレタンの特徴

屋上の防水機能を高める施工として、ウレタン防水が選ばれています。この施工方法はウレタン塗料を塗るだけの簡単なものなので、費用が安くまた施工期間も短いという点が魅力です。1回行えば約12年程度、防水機能がキープされます。

ニュース一覧

業者は上手に選ぼう

住宅

選ぶ基準が重要です

雨漏りなどに伴う屋上防水工事は快適な日常生活を送るためには重要な工事と言えます。しかし長く家に住んでいますと防水効果も逓減していき、雨漏りなどが発生しやすくなります。このため定期的に屋上防水工事を実施することが必要不可欠となります。そんな屋上防水工事を専門に扱う業者も多くあり、選ぶ際に迷うことが多々あります。しかし選ぶ際には基準というものがあり、それに従えば業者選びで失敗することはありません。専門業者を選ぶ基準としてまず挙げられるのが、見積金額が明確であるかという点です。屋上防水工事を専門業者へ依頼する人にとっては費用が最も気になるところです。そんな費用について専門業者から分かりやすく明確に提示してくれるかはとても重要となります。単に金額が安いのみならず、内訳などがきちんと明記されているかなどは重要なチェックポイントとなります。最近ではインターネットの普及によりホームページを設ける専門業者も多くなっています。そうした専門業者ではホームページ上で費用内容を詳細に公表しているところもありますので、それを活用するのも有効な方法です。また口コミサイトを利用することも大きな選定基準となります。今やインターネットでは口コミサイトも盛んに展開されています。屋上防水工事の専門業者に関する口コミサイトも例外ではなく、多くのサイトが開設されています。そこでは実際に利用した人の生の声が聞けますので、専門業者を選定する際には大きな力を発揮します。地元に根付いた専門業者なら地元の知り合いや自治会の機会などにおいて、その評判などを聞くのも効果的な方法と言えます。

作業員

工事を業者に依頼する

雨漏りなどの屋根のトラブルを修理するには、防水工事をすることが良い方法です。屋上の点検を行っている会社に頼むことで、トラブルの原因を調査してもらえます。工事の方法は複数あり、専門スタッフと相談して、どの種類の工事が適切か決めます。

作業員

住宅を雨漏りから防ぐ

コンクリート造りの住宅の屋上は、建ててから年月が経つに連れて表面の防水材が劣化してしまいます。そのままでは雨漏りが起きてしまうため、業者に依頼して屋上の防水施工を行なってもらうようにします。相場は面積や使う素材で変わります。

ベランダ

様々な方法がある

屋上の防水は大きく分けて塗膜、シート、アスファルトがあります。それぞれ費用や工事日数、耐久性などに違いがあります。雨漏りが起こってからでは遅いので耐久性や施工のしやすさは一つの目安になるでしょう。屋上の形によってできないこともあるので注意が必要です。

作業員

費用も適正で明瞭です

屋上は風雨の影響で雨漏りがしやすいので、専門業者に依頼して防水工事をしておく必要があります。専門業者ではシートを貼ったり、塗膜防水やアスファルト防水に対応をしています。屋上の形状に合った素材で施工を行っています。