ニュース一覧

ウレタンの特徴

作業員

安価で施工が簡単

少しでもマイホームを広く、そして有効活用したいという人が増えたことから、近年は一般住宅でも屋上つきが増えています。屋上を作ることによって、そこで洗濯物を干したりバーベキューなどをする際に利用できるなど、庭感覚で使えて便利です。増えつつある屋上つきの一般住宅ですが、定期的に防水工事によるメンテナンスが必要になることをご存じでしょうか。何もメンテナンスをしないと、屋上部分のコンクリートがひび割れを起こして、そこから雨漏りするトラブルが起こりやすくなります。住宅の雨漏りは柱や梁といった、住宅の要となる部分を腐らせてしまい耐震性を低下させてしまう恐れがあるので、屋上の防水工事は必須のメンテナンスです。防水工事には色々な施工法がありますが、費用がリーズナブルで施工が簡単なウレタン防水が多く選ばれています。ウレタン防水は液体のウレタンを塗るだけで、屋上部分に塗膜を作り防水機能を高めることができる施工です。ウレタン塗料を塗るだけなので施工は簡単で、完成するまでにかかる期間が他の方法よりも短いという魅力があります。凸凹がある屋上であっても塗料を塗るだけですので、問題なく施工を行える点もウレタン防水の特徴です。費用も1平方メートル当たりにつき、約4500円から6500円と他の施工方法と比べるとお得になっています。住宅の環境などによって変わりますが、1度ウレタン防水を行っておけば約12年程度は、屋上の防水機能はキープされます。